人気ブログランキング | 話題のタグを見る

4コマを描いている井上トモコの日記です

by inouetomokohp

アゲハ観察日記

この夏のアゲハの幼虫日記を残したいと思います。

私は元々虫は苦手だし、触れません。
こっちに向かって飛んできたら叫びます。
子供たちもそんなに虫好きでもないし・・・。

それどころかアゲハの幼虫はウチのレモンの木につく害虫。
なのになぜ見つけると保護して育ててしまうのか。
最初は放っておこうと思うのですが、体が勝手に飼育箱を作って
幼虫を収容してしまいます。

以下は収容された幼虫たちの記録。
虫が平気な方だけどうぞ・・・




アゲハ観察日記_c0164805_011983.jpg


今年6月、突然現れた終齢幼虫。
二匹いました。
レモンは夫が育ててる木なので、一応駆除してたようなんですが
見落としてた様子。
終齢まで育ったものを駆除するのは忍びなく見守ることにしました。
私は毎日毎日ベランダに出て観察していました。
ところがある日一匹行方不明に。
鳥にやられたか、蛹になるためにどこかに移動したのか。

どちらにしても行く末がはっきりしないのは気持ちが悪い。
ベランダの変なところで蛹になられても困るし。
以前は網戸の上のサンで越冬蛹を発見して、一冬網戸を全開
できなかったことがありました。
(挙句、初夏になっても羽化せず嫌な感じに変色して死亡した模様)

気持ち悪いのはイヤだ、という後ろ向きな動機で、残った一匹を
保護することにしました。

アゲハ観察日記_c0164805_0371363.jpg

この一匹は割とこだわらないタイプのようで、えさに入れていた
レモンの葉の裏で蛹化してしまいました。
葉っぱは日に日に萎れていって羽化の際の足場が心もとないと
思ったので、蛹ポケットを作り収容。
アゲハ観察日記_c0164805_0433093.jpg

本当は蛹なるべく触りたくないんだけど、非常事態なので・・・。

蛹ポケットの注意事項はこんなかんじ。
①蛹化して3日か4日経って充分蛹が固まってから。
2日くらいだと大暴れして怖いです。破れて体液が出ちゃったりするし。
②糸はハサミで切る。尻尾は結構みっちりくっついていて離れにくいので
今回は周りの葉っぱも切り取った。
③ポケット深すぎると蝶が出てこれません、浅すぎると落ちたりします。
写真では足場用に葉っぱをあしらってみましたが、後で取り除きました。

あーでもない、こーでもないとあれこれ試行錯誤していて、まさに
頭の中は幼虫の事でいっぱい。

さてさて、いよいよ羽化するな、っていう日。
早朝5時半から傍らに蛹を置きつつ仕事をしながら待機。

アゲハ観察日記_c0164805_053568.jpg

ふと顔をあげたら出てきててびっくり。
目の前に急に虫がいたらびっくりするよ!
アゲハ観察日記_c0164805_056096.jpg


アゲハ観察日記_c0164805_0562286.jpg


アゲハ観察日記_c0164805_0565239.jpg


羽化を見届けたいのにはわけがあります。
以前虫かごの蓋のウラで蛹になっていた個体の観察をしていた時に、
羽化の瞬間も見守っていました。
そしたら蓋のプラスチックで足がすべって落ちちゃったんです。
羽化の途中で落ちたら、翅が縮まったまま固まって飛べなくなってしまう。
せっかくここまでこぎつけたからには空に飛ばせてあげたい。

この時は見てたから助けられたんですが、見てなかったらそのまま
羽化不全だった・・・と思うと見届けずにはいられない。

羽化を見届ける、それが一番の目的です。

観察日記②に続く。
by inouetomokohp | 2014-08-13 21:10 | 虫日記